logo

サイバーエージェント・ベンチャーズ、「Startups2010」の支援企業5チームを決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェント・ベンチャーズは12月1日、同社が7月に募集を開始した、インターネットビジネス支援プロジェクト「Startups2010」の支援チームを決定し、発表した。

 Startups2010は、技術者やクリエイターを対象に、ソーシャルアプリやスマートフォン向けサービスなどの分野における、新しいインターネットサービスの事業化案を募集するプロジェクトだ。

 今回の募集には、20歳から30歳前半を中心に100以上のチームが応募し、その中から5チームの支援を決定した。今後はこれらのチーム対して、事業プランのブラッシュアップや事業運営資金の提供、会社設立後の事業拡大などの支援を進める。決定した5チームと事業案は以下の通り。

  • TechMonkey
    吉田鐘一氏(代表)、柴田智明氏、田原聖悟氏
    ジオソーシャル育成ゲーム「ロケとも」
  • フードフォト
    芳賀充氏(代表)
    おいしい!を共有して楽しめる、ソーシャルフーディングサービス「foodfoto」
  • マインドパレット
    小林佑次氏(代表)、神尾隆昌氏
    写真で繋がるコミュニケーションプラットフォーム「Snapeee」
  • 鳥人間
    久川真吾氏(代表)
    スマートフォン・タブレット端末向け幼児教育アプリ事業
  • Jipanglish
    長澤智也氏(代表)
    英語学習プラットフォーム「Jipanglish」

 サイバーエージェント・ベンチャーズでは、2011年よりStartupsを春と秋の年2回実施する計画。次回は、2011年3月に開催する予定だ。

-PR-企画特集