logo

低コスト運営で編集権の独立を--ライブドアに聞くブログメディアの優位点 - (page 2)

鳴海淳義(編集部)2010年12月01日 11時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞とテレビは10年もたない

 そもそもライブドアがBLOGOSを開設しようと考えた背景には、従来の雑誌をはじめとしたオピニオンメディアに不満があったからだ。大御所や中高年の意見ばかりで議論がパターン化したり、建前の議論に傾倒して本音が見えてこなかったりということに問題意識を持っていたという。またブログというメディアにおいても、良質なオピニオンブログを書いても読まれない書き手がいる一方で、そういったブロガーをなかなか見つけ出せない読み手がいるという課題があった。そこでブログを軸にBLOGOSというオピニオンメディアを作ったという経緯だ。

 今後はリアルイベントを開催するほか、Twitterをはじめとしたソーシャルメディアとの連携を進める。医療、福祉、教育分野への対応も検討しており、12月中旬には投資、金融分野に特化した「BLOGOS finance」を開設する。2011年10月時点で月間PV1億、参加ブロガー数500人を目指すという。

 早くからBLOGOSに参加している経済学者の池田信夫氏は、メディアの将来について次のように語った。

  • 経済学者の池田信夫氏

 「残念ながら、いまの新聞とテレビは10年もたない。これはもう絶対にはっきりしている。米国ではすでに新聞がどんどん潰れて、ジャーナリストは失業している。そういう人たちがブログに流れてきて個人メディアを立ち上げたときに、ブログメディアはセーフティーネットあるいは救済機関になるのではないか。失業したジャーナリストが飯を食うためのプラットフォームの役割をBLOGOSが果たす可能性もある」(池田氏)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]