ミラクル・リナックス、Linuxでクラスタ環境を構築できるソフトウェアの新版

ZDNet Japan Staff2010年11月29日 19時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスは11月29日、「MIRACLE CLUSTERPRO X 3.0」を発売した。

 MIRACLE CLUSTERPROは、NEC製のクラスタソフトウェア「CLUSTERPRO X」のライセンスと、ミラクル・リナックスが提供する「Asianux Server(MIRACLE LINUX)」のライセンスをバンドルしたもの。最新版となるMIRACLE CLUSTERPRO X 3.0は、「CLUSTERPRO X 3.0」2CPU分、仮想マシン上で利用する場合は2ノード分のライセンスと、「Asianux Server 3==MIRACLE LINUX V5 SP3」の2ノード分ライセンスが含まれる。個別にOSを用意する必要がないため、低コストで高信頼のクラスタ環境を短期間で構築できるとしている。

 新機能としては、仮想化機能が強化され、仮想マシン上で利用する場合はCPU数に制限なく利用できる仮想ノードライセンスが追加された。また、仮想マシンの無停止フェールオーバーなど、仮想環境に特化した可用性向上機能が追加されている。また、初期構築時や障害復旧時に必要となるクラスタ間でのミラー同期の高速化、ダイナミックフェールオーバー機能や管理用インターフェースの改善などが行われている。

 合わせて、「Add-on Alert Service オプションパック」が利用可能になった。このオプションを追加することで、障害検知時のメール通報や、任意のコマンドを発行して管理者に通知することが可能になる。

 MIRACLE CLUSTERPRO X 3.0の価格は、63万円より。サポート料が年間37万8000円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加