logo

テラスカイとNTTソフト、各種クラウドサービスと企業内システムのデータ連携SaaSを提供

ZDNet Japan Staff2010年11月25日 16時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テラスカイとNTTソフトウェアは11月25日、共同でパブリッククラウドサービスと企業内の基幹システムなどとのデータ相互連携を短期間で実現するSaaS「SkyOnDemand2」を2011年2月から提供すると発表した。

 テラスカイでは、2004年からデータ連携ソフトウェア「DataSpider」(アプレッソ開発)によるデータ連携の導入支援を開始。2005年に、Salesforceとのデータ連携アダプタを開発し、EAIパッケージ「DCSpider」として提供を開始している。2008年には、DCSpiderをSaaSとして提供する「SkyOnDemand」を開発し、NTTソフトウェアと提供を開始した。

 今回、発表されたSkyOnDemand2は、Salesforce(Force.com)だけでなく、Amazon Web Services、Google Apps、Windows Azureといったパブリッククラウドサービスとのデータ連携を実現するもの。連携処理構築に必要な操作をブラウザ上のインターフェースに統合しておりユーザー自身での構築が可能なほか、クラウド連携特有のエラーを考慮したエラー処理機構や各連携先にメンテナンス時間帯があることを考慮した連携の再実行機能などを備える。

 SkyOnDemand2の提供価格は、初期費用が60万円。月額利用料が7万円から。両社では2012年2月期に導入社数で100社、約1億円の売り上げを見込む。

-PR-企画特集