logo

Apple I、競売にかけられ約1750万円で落札

文:Steven Musil(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年11月25日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 技術製品に関する賢い買い物についての話をしよう。約30年前に販売されたApple製コンピュータが販売価格の315倍の値段で購入された。

 この製品は「Apple I」で、Apple共同創設者Steve Jobs氏の両親が所有するガレージで開発された200台の内の1台。ロンドンにある Christie'sのオークションハウスで英国時間11月23日、13万3250ポンド(約21万ドル、約1752万円)で落札された。Apple Iは、筐体、キーボード、モニタを含んでおらず、1976年には666.66ドルで販売されていた。Appleは1977年、同モデルの製造を中止にしている。

 Christie'sは、同コンピュータを「歴史的な遺物」と呼ぶとともに、8KバイトのRAMなどオリジナルの部品すべてが残っていることを明らかにした。また、Christie'sによると、同コンピュータは、オリジナルの箱に収められており、Jobs氏の署名入りセールスレター付きだという。

 落札者は、イタリア人のビジネスマンでありコレクターのMarco Boglion氏だとAP通信は伝えている。同氏は、電話でオークションに参加したという。

 Apple Iは、ほとんどのパーソナルコンピュータが組み立てキットとして販売されていた当時、組み立て済みのマザーボードとして販売された最初のパーソナルコンピュータとして新しい分野を開拓した。

 Appleのもう1人の共同設立者Steve Wozniak氏は、ロンドンのオークションに出席し、署名入りの手紙を落札されたApple Iに添えた。Wozniak氏は、第二次世界大戦中に使われたドイツの暗号機「Enigma」、現代のコンピューティングのパイオニアである英国の数学者Alan Turingが書いた文書などとともに、自分が開発したものがオークションにかけらえたことを誇りに思うと述べた。

 Wozniak氏はオークション後、「今日、Turingの文書やEnigmaのようにApple Iがオークションにかけられたのを見て、感慨深い気持ちになった」と記者団に語ったという。「非常に重要な一歩だ。開発時にはそのような気持ちを持つことはなかったが」(Wozniak氏)

Christie'sのオークションに出品されたApple I Christie'sのオークションに出品されたApple I
提供:Christie's

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集