logo

グーグル、「Google Apps」にサービスを追加--60種類以上が利用可能に

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年11月19日 07時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Google Apps」顧客により多くのオプションをアカウントの一部として提供することを発表した。中でも非常に興味深い機能は「Google Voice」である。

 Googleは米国時間11月18日、企業や教育機関の顧客が所有する「Google Apps」アカウントに対し、複数のGoogleサービスを追加したことを発表した。すでに提供されている「Google Docs」「Gmail」「Google Calendar」「Google Sites」などと合わせて、60種類以上ものGoogleサービスが提供されることになった。ただし、残念なことに、Googleは、新しいサービスを含むようにGoogle Apps顧客とのService Level Agreement(SLA)を拡張する予定はない。新しいアプリケーションを利用するには、すべての顧客が、自分のアカウントを新システムに移行する必要がある。

 しかし、今回の動きによってGoogleの企業顧客は、新しいサービスを試すことができるようになる。通常の電話料金の支払いを避けたいと考える小規模企業にとっては、Google Voiceの追加は最も興味深い点だろう。顧客は、コントロールパネルにアクセスすることにより、企業のニーズに合わせて各種機能を有効または無効にすることができる。

 またGoogleは、Google Apps製品スイートの名称変更も発表した。同社は、「Google Apps Standard」エディションと「Google Apps Premium」エディションに代わり、無料版を「Google Apps」、有料サポート版を「Google Apps for Business」と呼ぶようになる。これらとは別に「Google Apps for Government」と「Google Apps for Education」を、それぞれの種類の顧客向けに引き続き提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集