logo

ついに出た!クールな「全透明表示ディスプレイ」搭載--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機能は少ないがアイコン表示もクール

 透明ディスプレイという特殊な画面を搭載したC58、他の一般的なトンデモケータイよりも機能という点では後退している。まずカメラがない。てかカメラがあってもこのディスプレイでは写真表示は無理だろう。なので画像表示アプリも入っていない。またディスプレイもフルタッチではない。昔ながらのメニューボタンのみの操作となる。まぁこれも透明ディスプレイでフルタッチなんてやったら世界初になっちゃうわけだし、そんなもの作るのはさすがに無理だろう。

 そんなわけで、メニュー画面もアイコンが縦と横にマトリックス状に並ぶのではなく、画面いっぱいに大きなアイコンが1つ表示され、それをスクロールさせることになる。だが透明ディスプレイ上に表示される大きなアイコンはこれはこれでおしゃれというかカッコイイ雰囲気だ。設定画面で細かい文字が表示される様も、まるでSF映画の小道具をいじっているようでもある。ディスプレイが透明になるだけでもこんなにイメージが変わるのに、なんで他のメーカーは似たようなケータイを作らないんだろう?

 メニューにあるのはMessage、Audio player、Call center、Phonebook、Settings、FM radio、Organizer、Fun & Games、Alarmの9つ。ゲームはさすがにスライドパズルで、落ちゲーやらレーシングゲームやらは入っていない。てかせっかくだからモノクロ画面用のゲームを透明ディスプレイに対応させてたくさん搭載したら面白いのになぁ。またカレンダーはデジタル時計同様、C58を置物として使いたくなるような気分にさせてくれる。

 あとは世界時計で世界地図がでたらいいんだけど、さすがにそれは無理。他のトンデモケータイの内蔵メニューやアプリで多色カラーを使っているものはC58には対応せず、モノクロやモノカラーのものはそのまま黒白で表示となっているようだ。液晶のバックライトの強弱も変更できるが、複数の色に変えられたらもっと楽しいのにねぇ。

メニュー メニューはアイコン1つが表示される。スクロールするしくみ※クリックで拡大画像を表示
設定画面 設定画面などはSFチック※クリックで拡大画像を表示
ゲーム ゲームはさすがにパズル程度※クリックで拡大画像を表示
カレンダー カレンダー。C58を立てておきたくなる※クリックで拡大画像を表示
バックライトの設定 バックライトの設定。色も変えられるといいのに※クリックで拡大画像を表示

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]