景気低迷時のITプロジェクト立ち上げ術--承認を勝ち取る5つのティップス - (page 2)

文:Brien Posey(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子2010年11月16日 07時30分

#4:他のプロジェクトの余剰予算を調達する

 プロジェクトの予算を確保するために、他のプロジェクトに割り当てられている余剰コストを削減するという手法もある。筆者がITマネージャーとして働いていた時の経験を振り返って見ると、さまざまなプロジェクトにおいてコストを多めに見積もっておくことが常であった。そうすることで、マネジメント層に対して追加の予算を懇願するような真似をしなくても済むと考えていたためだ。また、これによって筆者は、多くのプロジェクトを予算内に収めることにも成功していた。このため、全体的な予算を守りつつ、あるプロジェクトで使用しなかった予算を別のプロジェクトにまわすということが可能となっていたわけだ。

 また、既存のITプロジェクトの余剰予算を振り向けるだけでは、プロジェクトの予算すべてをまかなえないという場合でも、不足額がマネジメント層から見て過大なものに思われないようできるかもしれない。

#5:自らの実績をアピールする

 これまでの自らの信用を担保にすることで、プロジェクトの立ち上げを承認してもらうという選択肢しか残されていない場合もあるかもしれない。これまでに収益の向上やコストの削減を実現したITプロジェクトを提案したという実績があるのであれば、その事実をマネジメント層に再認識してもらうようにしよう。決断を下す立場にある人々に対して、あなたが優れた実績を持っているということを知っておいてもらえば、予算の確保がより容易になるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]