logo

日本IBM、ビジネス分析ツールの新製品「Cognos 10」を発売--ソーシャル機能も統合

ZDNet Japan Staff2010年11月10日 14時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは11月10日、ビジネス分析ソフトウェアの新製品「IBM Cognos Business Intelligence V10.1(IBM Cognos 10)」の提供を開始した。

 IBM Cognos 10では、社内外のあらゆる情報を横断して分析できるウェブベースの統合ワークスペース環境「IBM Cognos Business Insight」が新たに提供される。これにより、従来は個別のツールを使う必要があったレポーティング、トレンド分析、What-if分析、予測分析といった各種分析を一元的に実施できる。また、分析ツールの選定および評価のプロセスを簡略化し、過去の情報からリアルタイムで更新される現在の情報、予測分析による未来の情報までを統合して、より俯瞰的な分析を行うことができるとしている。

 さらに新製品には、コラボレーションとソーシャルネットワーキング機能を提供するソーシャルソフトウェア製品である「IBM Lotus Connections」が組み込まれる。このツールによって、意思決定を行う関係者と情報や洞察を共有するにあたって、メールなどの他のツールを個別に利用する必要がなくなるという。

 そのほか、エンドユーザー自身がレポートのグラフを好みに合わせて変更でき、並び替えやドリル操作なども行える。必要に応じて、ワークスペースで表示されるコンテンツの入れ替えも可能だ。閲覧デバイスとしては、従来のBlackBerry、Windows Mobileに加え、iPhoneやiPadにも対応する。オフライン環境でも利用できるインタラクティブなレポート作成機能も追加された。

 IBM Cognos 10の税別参考価格は、100名利用の場合で1852万5000円。

IBM Cognos Business Insight 新たに提供される統合ワークスペース「IBM Cognos Business Insight」

-PR-企画特集