logo

サングラスブランドのオークリー、3Dメガネを発表へ--価格は120ドル

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年11月08日 18時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「格好良い」は、3Dメガネを掛ける人を表すのに適した言葉ではない。

 3Dメガネは、見た目が悪く、安価なプラスチック製で、かけ心地も通常かなり悪い。そのため、格好良さをブランドの売りにしているメガネメーカーは、3Dメガネが持つ問題に当然取り組んでいる。

 Oakleyは米国時間11月8日、同社初の3Dメガネを発表する予定だ。

 この最初のモデルは、Oakleyが既に販売しているサングラス「GASCAN」の現行スタイルをベースにしている。しかし、偏光サングラスレンズに代わって、3Dコンテンツを見ることに最適化されたレンズが使われている。これらのレンズは、Oakleyの光学科学者が2年をかけて開発したHDO-3Dと呼ばれる技術を採用している。同レンズの製造手法は、3Dを快適に見ることができるようにする一方で、眼精疲労を最小限に抑えることを目的にしている。

 そして、言うまでもなく、スタイルも向上されている。Oakleyの最高経営責任者Colin Baden氏は、劇場で現在手渡されている3Dメガネについて、自身の考えを述べることをためらわない。「人を間抜けに見えさせる」と同氏はインタビューで発言している。

 反論する人はほとんどいないだろう。現在の3Dメガネに対してBaden氏が持つ最大の不満は何か?「平面的なところ」と同氏は述べる。

 Oakley製品の外見的な特徴に、顔の面に沿ったラップアラウンドスタイルがある。Baden氏は、同スタイルが見かけだけでないことを強調する。

 「周辺視野に対して良い」とBaden氏は述べる。

 しかし、暗い3D劇場における格好とかけ心地の良さを得るためのコストは、最初のモデルで120ドルである(色はブラックまたはホワイトから選ぶことができる)。

 この価格を知って驚いたとしても、それは普通のことだ。しかし、Baden氏は、その価値は、同メガネを使ういたる所で見いだせ、そして、「光学的に正しい」レンズにあると主張する。

 宣伝文句としては、同メガネは、3D映画劇場に持って行くこともできれば、3D対応テレビを持っていれば自宅で3Dを見ることにも使える、となっている。また、ゲームコンソールがすぐにでも対応すれば、3Dゲームをプレイするのにも使うことができる。つまり、Oakleyとしては、3Dメガネの汎用的な部分、もしくは、ほとんど汎用的な部分を宣伝している。

 劇場やテレビメーカーが使っている3D技術には複数のタイプがある。3Dテレビの初期モデルはアクティブシャッター(バッテリ駆動)のレンズを使用していたが(これは変わりつつある)、ほとんどの映画館はパッシブ偏光方式を採用している。Oakleyの3Dメガネは、パッシブ方式であり、RealD 3D技術採用の劇場で使えるよう開発されている(RealD 3D技術は現在、劇場で最も広く使われている)。

Oakleyの3Dメガネ「3D GASCAN」。価格は120ドル。 Oakleyの3Dメガネ「3D GASCAN」。価格は120ドル。
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集