logo

ヤフーとCOMEL、デジタルサイネージ広告サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーとソフトバンクグループのCOMELは11月8日、Yahoo! JAPANのコンテンツとタイアップしたデジタルサイネージ広告サービスを提供開始した。

 同サービスではデジタルサイネージにヤフーのコンテンツとセットで広告を配信する。デジタルサイネージが設置された各ロケーションの特性に応じたコンテンツをAPIで提供し、広告と同時に放映する。

 サービス開始当初は、イオンアイビスが運営する全国のイオン116店舗に設置された約1000面のデジタルサイネージメディア「イオンチャンネル」と、日本カーライフアシストが運営する全国300カ所の自動車教習所に設置された約300面のデジタルサイネージメディア「JACLAビジョン」にYahoo!占いを配信する。配信先とコンテンツのラインアップは順次拡大するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]