パナソニック、フルHD10倍録画を実現したHDD搭載「ブルーレイディーガ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは11月2日、「ブルーレイディーガ」の新製品として、1枚のBlu-ray DiscにフルHD画質で約86時間40分の録画が可能なBlu-ray Discレコーダー「DMR-BR585」を発表した。11月25日に発売する。

 DMR-BR585は、第4世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダ「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、「フルハイビジョン10倍録画」を実現した。

 新規格「BDXL」にも対応し、追記型3層式(100Gバイト)のBD-Rディスクや今後発売が見込まれる4層式(128Gバイト)のBD-Rディスク、書き換え可能な3層式(100Gバイト)のBD-REディスクの使用が可能。独自の高画質再生技術「リアルクロマプロセッサ」により、映像本来の質感や豊かな階調を忠実に再現するとしている。

 レコーダー入門者でも安心して使える「かんたんサポート機能」を備え、別売のシンプルリモコンを使えば、専用のかんたんサポート画面で操作をサポートしてくれるという。

 HDD容量は320Gバイト。地上、BS、110度CSデジタル、地上アナログチューナを1系統ずつ搭載する。店頭想定価格は6万3000円前後になる。

DMR-BR585 「DMR-BR585」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加