logo

MS、Bing Mapsの変更計画を発表--鳥瞰表示でSilverlightプラグイン不要、3D表示は終了

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年11月04日 12時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Bing Maps」製品マネージャーであるBrian Hendricks氏は米国時間11月2日、Bing Communityブログの記事で、オンライン地図サービス「Bing Maps」に対する今後の2点の大きな変更について、詳細を明らかにした。

 まず、Bing Mapsの3D表示レイヤが取り除かれる。Microsoftは2007年初めに3D表示を導入し、現在まで世界中のおよそ70の都市に対応してきた。

 また、Bing Mapsの鳥瞰表示が「Silverlight」プラグインを必要としなくなる。Hendricks氏によれば、この変更は同社のAJAXへの取り組みの結果だという。これにより、Silverlightに対応していないモバイル機器でも鳥瞰表示が利用できるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集