レコード会社7社、不正アップロードした10人の情報開示を請求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一般社団法人 日本レコード協会(RIAJ)は10月27日、会員レコード会社7社が10月25日までにインターネットサービスプロバイダー(ISP)7社に対して、7月にグヌーテラ(gnutella)ネットワークを利用して、権利者に無断で音楽ファイルを公開していた10人の氏名などを開示するよう請求したことを明らかにした。

 この10人は7月、Gnutellaネットワークを利用するファイル共有ソフト「Limewire」や「Cabos」を悪用して、権利者に無断で音楽ファイルを公開し、RIAJの会員レコード会社が持つ著作隣接権(送信可能化権)を侵害した。このため当該レコード会社7社は、「プロバイダ責任制限法」第4条第1項に基づき、ISPに対し10人の住所や氏名などの情報開示を求めた。

 8月にも同様に、RIAJの会員レコード会社10社がISP4社に対して14人の氏名などの開示を求める請求を行い、すでにISP2社から2人の情報の開示を受けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加