logo

グーグル、デジタル時代のジャーナリズム支援に500万ドルを寄付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月26日、デジタル時代におけるジャーナリズムのあり方を考える非営利組織に500万ドルを寄付すると発表した。

 500万ドルのうちの200万ドルは、ジャーナリズムの革新に取り組んできたJohn S. and James L. Knight Foundationに提供される。Knight Foundationは100万ドルを米国での助成金提供に関する活動に、そして残りの100万ドルを優秀なアイデアに資金提供するKnight News Challengeというコンテストに利用する。

 残りの金額の提供についてGoogleは「国際展開を考えており、残りの300万ドルは他国のジャーナリズム関連のプロジェクトに同様の提携を通して提供する。2011年初めの動きに注目して欲しい」と述べている。

-PR-企画特集