パナソニック、アウトドアタイプのヘッドホン「RP-HX700/HB400」2機種を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは10月25日、アウトドアタイプのデザインヘッドホンとして、ハイセンスモデルの「RP-HX700」(HX700)とストリート系カジュアルモデルの「RP-HB400」(HB400)を発表した。11月19日に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格はHX700が1万円前後、HB400が4000円前後になる。

 HX700は、すでに発売されているアウトドアタイプヘッドホンの最上位機種「RP-HC700」をデザイン、音質ともに踏襲。ハウジング部は、真空蒸着の上にグラデーション塗装を施した。

 ドライバユニットの振動板にバイオセルロースを採用し、高剛性かつ軽量化を実現。音の追従性が向上し、全帯域で良好なバランスを保つとしている。

 本体は約178gの軽量、コンパクト設計で、バックにもすっきり収まる折りたたみ式のスイーベル機構を採用した。イヤーパッド部の素材は、装着感のよいシンセティックレザー(合成皮革)。本体カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色になる。

RP-HX700 ハイセンスモデルの「RP-HX700」

 HB400は、ストリート系ファッションアイテムとして、若年層をターゲットにしたモデル。カジュアルなスタイルに合わせて低音を重視し、振動板の前後のバランスを調整して豊かな低音を再生する「Tuned Bass」を採用した。

 本体は、反転式片耳モニター機能と90度スイーベル機能、折りたたみ式ヘッドバンドを採用。堅牢感とカジュアルデザインの両方を持ち合わせたとしている。本体カラーはブラック、ホワイト、オレンジの3色をラインアップした。

RP-HB400 ストリート系カジュアルモデルの「RP-HB400」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加