ソニー、HDMI入力を3系統備えた2.1chシアターシステム「HT-FS3」

加納恵(編集部)2010年10月20日 19時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月20日、2.1chホームシアターシステム「HT-FS3」を発表した。独自のフルデジタルアンプ「S-Master」を内蔵する。発売は11月21日。店頭想定価格は2万3000円前後になる。

 HT-FS3は、フロントスピーカー2つと、アンプ内蔵サブウーファから構成される2.1chのサラウンドシステム。仮想的にサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」と、音質劣化を最小限に抑えるS-Masterを備える。

 HDMI入力3系統を装備し、Blu-ray Discレコーダーやゲーム機、ケーブルテレビチューナなど、最大3つの機器との接続が可能。デジタルメディアポート端子に、別売のデジタルメディアポートアダプタ「TDM-NW10」などを接続すれば、「ウォークマン」の充電や再生にも対応する。

 対応フォーマットは、ドルビーデジタル、DTS、ドルビープロロジック、ドルビープロロジックIIなど。視聴コンテンツに最適なサウンド設定で視聴できるサウンドフィールドは、スタンダード、ムービー、ドラマ、ニュース、スポーツ、ゲーム、ミュージック、ライブ、ポータブルオーディオエンハンサーの9種類をそろえる。

 デジタル放送視聴時には、「オートジャンルセレクター」により、電子番組表の情報を元に番組のジャンルに応じたサウンドフィールドに自動的に切り替えられるとしている。

 総合出力は400W。FM/AMチューナを内蔵するほか、対応の液晶テレビ「ブラビア」とHDMIケーブルで接続すれば、「ブラビアリンク」により、ブラビアのリモコンから操作ができる。

「HT-FS3」 「HT-FS3」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加