KDDI、CDMA 1X WINの国際ローミングエリアをバンコクまで拡大

松田真理(マイカ)2010年10月14日 19時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは、国際ローミングサービス「GLOBAL PASSPORT」のエリアを10月20日より拡大する。「CDMA 1X WIN」の「グローバルパスポート CDMA」対応機種をタイで利用する場合、バンコクやバンコク周辺地域もエリア範囲内になる。

 KDDIは2003年8月より、タイでのグローバルパスポート CDMAを、現地の携帯電話事業者であるCATのCDMAネットワークを介して提供してきた。しかし、バンコクではCDMA 1X WINのグローバルパスポート CDMA対応機種から、音声通話サービス、電子メール送受信、EZwebなどのデータ通信サービスが利用できなかった。今回、CATのネットワーク改修により、これらが改善されたという。

 利用にあたっては、渡航前に最新のPRL(ローミングエリア情報)「ファイルバージョン00042」のダウンロードと更新が必要になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加