logo

「Ghostscript」にDoS攻撃を受ける脆弱性--最新版へのバージョンアップを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)とJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月13日、Artifex Softwareが提供する「Ghostscript」にサービス拒否(DoS)攻撃を受ける脆弱性が確認されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

 Ghostscriptは、PostScriptなどページ記述言語向けのインタープリタ。8.71より前のバージョンで、gs_type2_interpret関数に入力値を十分に検証していないことが原因で、細工されたドキュメントを閲覧することによりDoS攻撃を受ける脆弱性が存在する。

 Artifex Softwareでは、この脆弱性を解消した最新版が公開しており、該当するユーザーは最新版へアップデートするよう呼びかけている。

-PR-企画特集