グーグルのメイヤー氏、位置情報サービス関連の責任者に就任--経営委員会にも参加へ

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年10月13日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間10月12日、同社で検索のユーザーインターフェース部門を長年指揮してきたMarissa Mayer氏を位置情報サービスとローカル市場関連の取り組みの責任者に任命した。同氏はまた、Googleの経営委員会にも加わる。35歳のMayer氏は、同委員会の中で最年少となる。

 Googleの計画に詳しい情報筋によれば、Mayer氏は、世界で最もインタラクティブなローカル情報サービスを作成するため、「Place Pages」や「Google Maps」といった同社の巨大なローカル情報データベースと「Google Latitude」などのモバイルアプリケーションを活用する方法を模索することになるという。

 Mayer氏の後任には、チーフ検索エンジニアのUdi Manber氏が就任する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加