logo

職場でのインターネット検索利用は家庭の2倍--ネットレイティングス調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは10月8日、ニールセン・オンラインが提供するインターネット利用動向調査「NetView」データをもとに、職場でのインターネット利用についてまとめた。職場でのインターネット検索サービス利用頻度は、家庭の2倍になるという。

 調査によると8月時点で、家庭、職場からのPC利用によるインターネット利用者数は6063万人で、そのうちの約30%の1771万人が、職場のPCからインターネットを利用していることがわかった。さらに、家庭と職場での併用利用者は921万人で、職場のPCからの利用者全体の52%であった。

 時間帯別に、「家庭のPCからのインターネット利用状況」と「職場のPCからのインターネット利用状況」を比較すると、7時から18時までの時間帯、職場のPCからのインターネット利用率は約80%にのぼり、時間帯、利用率ともに、家庭のPCからのインターネット利用率を大きく上回る結果となった。

インターネット利用状況 家庭と職場からのインターネット利用状況

 また、インターネット検索サービスについて比較すると、検索サービス利用者全体の「1人1回あたりの利用時間(1訪問あたりの利用時間)」は、家庭、職場ともに2分30秒程度。その一方、職場での「1人あたりの訪問数(利用頻度)」は、家庭の約2倍となる29回であり、ビジネス用途をともなったシーンでの検索行動が活発であることがわかった。

利用時間 検索サービス利用者全体の「1人1回あたりの利用時間(1訪問あたりの利用時間)」

-PR-企画特集