バッファロー、録画やネット機能を内蔵した多機能地デジチューナ発売へ

加納恵(編集部)2010年10月06日 18時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは10月6日、地上デジタルチューナに「DTV-H500R」(H500R)と、「DTV-X900」(X900)の2機種を発表した。録画やネット対応などの機能を備える。10月下旬に発売する。

 両機種ともに電子番組表を備え、USB接続による外付けHDDへの録画に対応。電子番組表からの録画予約ができる。

 H500Rは、地上デジタルチューナと500GバイトのHDDを搭載した、パーソナル地デジレコーダー。幅200mm×高さ30mmのコンパクトサイズで、再生や停止といった録画操作部のボタンを大型化したリモコンが付属する。店頭想定価格は2万円前後になる。

 X900は、地上、BS、110度CSデジタルチューナと、インターネット機能を内蔵したネット対応多機能チューナになる。テレビ向けのネットサービス「アクトビラ」や「NHKオンデマンド」といったネットコンテンツを利用できる。

 録画した番組はホームネットワーク機能により、対応のテレビやゲームから視聴できるサーバ機能も備える。店頭想定価格は3万円前後になる。

 バッファローは、地デジチューナ市場は2009年比で4倍程度に伸びており、アナログ放送終了まで1年を切った今こそ、駆け込み需要が本格化すると予測。簡易チューナではなく録画やネット機能を備えることで、テレビを買い換えることなく、最新の機能が使える環境を提供するとしている。

  • 「DTV-H500R」

  • 「DTV-X900」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加