ベニオフ、オラクルを名指しで非難--「偽物のクラウドに気をつけろ」

藤本京子(編集部)2010年10月05日 20時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムは10月5日、東京都内にて「Cloudforce 2010 Japan」を開催、基調講演に登場した米Salesforce.comのCEOであるMarc Benioff氏が「偽物のクラウドには気をつけろ」と強調した。

Benioff氏 Salesforce.com CEOのMarc Benioff氏

 Benioff氏は、日本で「すでにわが社でもクラウドを導入している、ぜひ見てほしい」と言われた時のことを話した。「一体どのようなクラウドを導入しているのかと思ったら、従来型のハードウェアに従来型のソフトウェアがインストールされたマシンが並んでいた。非常に高価で非効率的なマシンで、アップグレードにも料金が必要だという。これはクラウドではないと言ったが、ベンダーがクラウドだと言って売ったのだという。これは偽物のクラウドだ。クラウドはボックスではなく、コンピュータでもない。クラウドはサービスなのだ」(Benioff氏)

 Benioff氏は、どのベンダーも「クラウド」と名付けて製品を提供している状況が我慢ならないのか、基調講演後のプレス向けセッションでも偽物クラウドについて、Oracleを名指しで非難した。

 「クラウドはハードウェアやソフトウェアから開放されるものであるはずなのに、9月に開催されたOracle OpenWorld 2010にてOracleのCEO、Larry Ellison氏は巨大なコンピュータをクラウドだと言って紹介した。私はそれを見てTwitterで“偽物のクラウドに気をつけろ”とつぶやき、Larryを怒らせた。しかし、コンピュータはクラウドではないのだ。価格が100万ドルからなんて、クラウドではあり得ない。仮想化ソフトを使ってひとつのサーバ上で複数のアプリケーションを動かせるようになったのは確かに効率的だが、それはクラウドではない。どこかのベンダーがそれをクラウドだと言って売りつけるかもしれないが、それはクラウドではないからだまされてはいけない」(Benioff氏)

データセンターが日本にやって来る

 偽物クラウドへの注意勧告のほかにも、Benioff氏はこの場で重要な発表を行っている。日本におけるデータセンターの設立だ。Benioff氏はすでに数年にわたって「日本でデータセンターを設立する」としていたが、今回ようやくNTTコミュニケーションズと契約し、2011年中に東京データセンターを稼働させると発表した。

 Benioff氏によると、日本は米国に次ぐ大きな市場で、急速に成長している市場でもあるという。9月29日には、新たなユーザーとしてファーストリテイリングが加わったことを発表したほか、今回のイベントでも日本国内のCA TechnologiesとForce.comのクラウド環境におけるアジャイル開発管理ソリューションの提供において業務提携したことや、シナジーマーケティングに資本参加しForce.comを基盤とした新クラウドサービスの開発を支援することなどを発表している。Benioff氏は、「この先日本国内でデータセンターを持つことが、日本での信頼性を勝ち得るためにも次のステップに進むためにも重要だと感じている」と語った。

 NTTコミュニケーションズ 代表取締役副社長の海野忍氏は、「これまでSalesforce.comとは『Salesforce over VPN』の提供においてパートナー関係にあったが、今後はデータセンターも提供することになる。Salesforce.comからの要求は非常に高かったが、われわれはすでにデータセンターで多くの実績があり、台湾地震が起こった際にも一番最初に復旧した。香港のデータセンターも欧米の企業に人気が高く、今回開設する日本のデータセンターも海外から利用したいという企業があるのではないか」としている。

 ユーザーは、どのデータセンターを利用するか選択できるという。Benioff氏は、今後イギリスにもデータセンターを設置する予定だとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加