ブックマーク同期サービスXmarks、有料サービスとして継続か--CEOが可能性に言及

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年10月01日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 無料のクロスプラットフォームブックマーク同期サービスXmarksは今週、2011年1月にサービスを終了すると発表した。しかし、最高経営責任者(CEO)James Joaquin氏は米国時間9月30日、同社のブログ記事で「有料サービスとしてのXmarksというアイデアを再検討している」と述べた。

 Xmarksは、ユーザーが有料サービスにどの程度の興味を示すかを測るため、Pledgebankにページを設置し、10万人を目標に、年間10〜20ドル支払うことを誓約するユーザーを募っている。Joaquin氏は、サービスを継続するには年間200万ドルが必要だという。

 Xmarksにはこれまで有料サービスはなかったが、同社は、Mozilla Foundationが2009年7月に立ち上げた寄付プログラムに参加している。しかし、同社によれば、7ドルの寄付金を支払ったのはXmarksユーザーの0.001%だという。

 Joaquin氏は、Xmarksの買収に関して数社から連絡があったと述べた。「確かなことは何もないが、その関心の高さに驚いている」(Joaquin氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加