logo

レノボ、AMDプロセッサを搭載したエントリークラスのデスクトップPC

エースラッシュ2010年09月28日 17時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは9月28日、AMDプロセッサを搭載したエントリークラスのデスクトップPCに2モデルを追加した。同日から発売している。

 発表されたのは、「ThinkCentre M75e Tower」(M75e Tower)と「ThinkCentre M75e Small」(M75e Small)の2モデルだ。M75e TowerはPhenom II X2 B53、M75e SmallはPhenom II X2 B53/Athlon II X2 B22/Sempron 145からCPUの選択が可能。4つのメモリスロットで処理能力と生産性を拡張したほか、オプションのATI Radeon HD5450を選択するとクアッドディスプレイにも対応する。

  • デスクトップPC「ThinkCentre M75e Tower」(左)と「ThinkCentre M75e Small」(右)

 CPU以外の主なスペックは、M75e Towerが最大16Gバイトメモリ(DDR3)、最大500GバイトのHDD、DVD-ROMドライブ、DVDスーパーマルチドライブを用意したほか、内蔵グラフィックスは、Radeon HD 3000、GeForce 310となる。OSはWindows 7 Professional 32ビット版/64ビット版など。

 M75e Smallは、最大16Gバイトメモリ(DDR3)、最大320GバイトのHDDを搭載。DVD-ROMドライブ、DVDスーパーマルチドライブを用意する。内蔵グラフィックスはRadeon HD 3000、OSは、Windows 7 Professional 32ビット版などを採用している。

 同社直販サイトの価格は、M75e Towerが8万6100円〜、M75e Smallが7万350円〜となる。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集