logo

マイクロソフト、「Hotmail」のセキュリティを強化

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月28日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月27日、「Hotmail」に新たなセキュリティ機能を追加した。これにより、アカウント乗っ取りがより困難になると同時に、乗っ取られたときにはより簡単に回復できる。

 Hotmailでは、アカウントが乗っ取られたりパスワードを忘れたりしてアカウントがロックされた場合、そのアカウントに入るために、セキュリティ用の質問に答えるか、別の電子メールアドレスに電子メールを送信させることができる。しかし、セキュリティ用の質問は、多くのユーザーが忘れたり、ウェブで調査して他人が簡単に特定できるなど、問題になることもある。

 今回の機能追加により、今後はさらに、携帯電話の番号を登録して、パスワードをリセットするためのコードをSMSで受け取ったり、信頼できるコンピュータを事前に登録しておき、そのコンピュータを使うことでパスワードをリセットしたりすることができる。

 それに加え、ユーザーの証明方法を追加したり変更したりするには、少なくとも1つの既存の証明方法にアクセスする必要がある。つまり、パスワードを盗んでも、パスワードを変更して正規ユーザーを締め出すことができなくなる。証明方法を登録していなかった場合には、「www.windowslivehelp.com/accountrecovery」でMicrosoftのサポート担当者から直接助力が得られる。

 また、正当であると確認された電子メールには「信頼された送信者」アイコンが表示される。公共のコンピュータでパスワードをタイプしたくない場合には、携帯電話にワンタイムパスワードを送ることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集