KDDI研、つぶやきから投稿者のプロフィールを推定--今後は口コミ分析に応用

新澤公介(編集部)2010年09月27日 19時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI研究所は9月27日、ブログや掲示板などの投稿内容を解析して、投稿者のプロフィールを自動的に推定する技術を開発したと発表した。

 今回開発された技術では、Twitterなどへの投稿内容をもとに、年齢や性別、職業、出身地、趣味といったプロフィールを自動的に推定することができる。プロフィールが推定できるまでコメントをさかのぼるため、高精度なプロフィール推定が可能という。

 KDDI研究所によると、たとえばコメントに「学校」や「部活」「宿題」といった単語が頻繁に使われているユーザーは、年齢が10代で職業が学生と推定できるという。同様に地名の「梅田」「なんば」や方言の「やねん」といった単語をもとに、関西に居住しているユーザーを推定できるとしている。

 同社では、Twitter上でプロフィールが確認できたユーザー約1万人に今回の技術を適用。この結果、年齢は80.2%(20代は89.5%)、性別は78.3%、出身は72.6%という精度で正しいプロフィールを判定できたという。

 今後は、この技術を評判解析に応用するとしている。商品への意見や要望を集約し、対象ユーザー層に最適な機能や品質への改善に利用することを見込む。また、同じテレビ番組をどのような人が見ており、どのような意見を持っているかをリアルタイムで調べたり、確認できたりするシステムも提供できるとしている。

  • テレビ番組への口コミをリアルタイムで分析する試作システム。「CEATEC JAPAN 2010」に出展される

  • ユーザーの属性を表示できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加