logo

IME化は諦めていない--ジャスト、日本語入力メモアプリ「ATOK Pad for iPhone」

坂本純子(編集部)2010年09月21日 19時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは9月21日、iPhone向け日本語入力メモアプリ「ATOK Pad for iPhone」を9月22日に発売すると発表した。App Storeで販売し、価格は1200円。9月26日までは発売記念価格として、900円で販売する。

メモアプリに「ATOK」を組み込んだATOK Pad for iPhone

  • 「ATOK Pad for iPhone」の機能概要

 ATOK Pad for iPhoneは、メモアプリに「ATOK」を組み込んだもの。WindowsやMac版で定評のあるIME(Input Method Editor)として知られる、ATOKならではの変換エンジンと専用の変換辞書を搭載した点が最大の特徴だ。入力したい言葉の先頭文字を入力すると次々と推測変換候補を表示する。ATOK Pad for iPhoneに組み込まれた変換システムと辞書は、スマートフォン、ケータイ、モバイル向けの最新版となる。

 ユーザー辞書機能を搭載し、Windows版やMac版のユーザー辞書単語をインポートすることも可能だ。iPhoneの「連絡先」に登録された情報も一括で取り込むことができる。

 iOSと同じ操作性の「フリック入力」とATOK独自の「リボルバータッチ入力」、左手のボタンで文字の分類を表示し、右側の文字キーで入力する「ダブルトリガー入力」などの入力方法を備えており、好みの方法でスムーズな入力が行えるとしている。

 入力した文章は、メモとして保存したり外部との連携機能として「メール」「SMS」「Twitter」「Evernote」などに転送したりできる。外部アプリやウェブサービスとの連携機能は今後増やしていく方針という。9月22日に公開する「URLスキーム」をアプリに実装すると、アプリの文章入力時に「ATOK PAD」を呼び出し、ATOK側で文章入力した後、元のアプリに入力した文章を持ってくることも可能という。このほかにも、医療分野で医療辞書を組み込んだアプリを作りたいなど、さまざまな要望に応えられるよう、ATOKのアプリ組み込みに関する準備を進めているとしている。

 iPhoneらしいデザインや操作性にこだわったとしており、「ATOK Red」「Casual Yellow」「Aluminum」「Galaxy」の4種類のテーマと3種類の効果音を搭載。ATOK RedかCasual Yellowを選ぶと、メモ帳部分のデザインを「罫線」「方眼」「なし」の3種類から選べるという。入力時の操作音は、ピアノ、キータッチ、銃声の3つの音から選択できる。

IMEでなく、アプリで提供せざるを得ない理由

 ジャストシステムは、2009年12月に開催した一太郎2010の発表会で、「ATOK for iPhone」「ATOK for Android」などの開発表明をし、展開が注目されていた。

 当初からiPhoneにおけるATOKの展開は、IMEとしての提供と、アプリの両方を検討していたという。ジャストシステム コンシューマ事業部企画部長の佐藤洋之氏は、「iOS 4の発表で(IMEで提供できることを)期待していたが、難しいことがわかったため、アプリで進めることにした。アップルの情報開示が進むことを期待した上での発言だが、決してIMEでの導入は諦めていない」と強調した。

 今後は、iPadやリッチコンテンツ、連携機能を強化した「上位版」を投入する予定という。現在のアプリは、iOS 4.0以上の端末にのみ対応しており、iPadには対応していない。今後、アップデートによるiPadの対応は検討中としている。

  • 「ATOK Pad for iPhone」のアイコン

  • 試しに「あいふぉ」──と入力したところで、これだけの選択肢が出てきた

  • さらに「しーね」──と入力したところで、「CNET」が変換の選択肢として登場

「ATOK for Android」も開発中、11月よりトライアル版を公開へ

  • 開発中の「ATOK for Android」

 ジャストシステムは、iPhone版と同じ変換エンジンと辞書を搭載した「ATOK for Android」を開発中で、11月にもトライアル版を公開すると発表した。オリジナルのジェスチャー入力「フラワータッチ(仮称)」を搭載し、独自の使い勝手のよさを目指すとしている。発表会では、NTTドコモの「SPモード」上での入力イメージを公表した。

マルチプラットフォーム化を目指すATOK

  • ATOKとATOK Padの世界観

 同日、Windows用のメモアプリ「ATOK Pad for Windows」を提供開始した。ATOKの新機能のベータ版や最新の辞書・辞典コンテンツを無償で提供するサービス「ATOKバリューアップサービス[ベータ]」にて公開中だ。

 瞬時にあらゆるアプリケーションの最前面に起動し、すぐに入力が行える。メモをとりたいときや、分からない漢字を調べたいとき、ATOK連携電子辞典を使って言葉の意味などを調べたいといったときに、すぐに入力できるのが特長だ。

 ATOK Pad for Windowsは、ATOK Pad for iPhoneと共通のユーザーインターフェースを採用しており、今後はMac版も予定しているという。

 ジャストシステムでは、変換辞書や校正設定などの同期サービス、ATOK Padのメモデータの共有をあらゆるプラットフォーム間で行えるようにする方針だ。2011年度中にも実現予定としている。

 ATOK Pad for iPhoneの購入支援として、1000円分のギフトカードとATOKをセットにした「ATOK 2010 for Windows [ATOK Pad for iPhone購入支援セット] 」(8000円)と「ATOK 2010 for Mac [ATOK Pad for iPhone購入支援セット]」(9800円)を発売する。

「ATOK Pad for iPhone」の入力デモ
「ダブルトリガー」の入力デモ
「カーソル移動」、単語ごとに削除できる「文字削除」、「確定アンドゥ」機能 など

-PR-企画特集