logo

KDDIウェブ、root権限付専用レンタルサーバの環境構築、運用代行オプション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIウェブコミュニケーションズは9月21日、同社ホスティングブランド「CPI」の管理者root権限付専用レンタルサーバ「カスタマイズエンジン」において、利用者専用のサーバ環境を構築し、運用、保守などを同社が代行するオプション「フルマネージドサービス」の提供を開始したと発表した。

 フルマネージドサービスは、利用者のroot権限付専用サーバのroot権限を同社で預かり、利用者からの要望を受けてサーバ環境構築から運用までを同社が担当するというもの。インストールにroot権限が必要なソフトウェアを使用したい場合や、サーバの設定変更を行いたい場合なども、同社で対応することが可能だ。

 プランは構築、運用する内容により「スタンダード」「ハイグレード」「エクセレント」の3種類を用意する。ウェブやメールなどの標準的なサーバ構築をはじめ、上位プランでは3カ月ごとに負荷状況などを報告するサーバレポーティングや、年に2回実施するシステム脆弱性監査が盛り込まれている。

 さらにオプションとして、通常の二次復旧に加え、HDD障害が起きた際も初期環境構築状態まで復旧作業を行う「フルマネージド二次復旧」、利用者から指定のあったソフトウェアのインストール作業を行う「ソフトウェアインストール代行」、従来の環境をCPIに移行をする際に利用者に代わり環境移行を行う「システム移行サービス」を新たに設定した。価格はスタンダードコースで初期費用4万7250円、月額3万1500円から。

-PR-企画特集