logo

オープンアプリプラットフォーム「aima」始動--第1弾は15メディアが連携

新澤公介(編集部)2010年09月17日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACCESSPORTやNECビッグローブら14社は9月16日、オープンアプリプラットフォーム「aima(あいま)」において、ソーシャルアプリの提供を開始した。サービス開始第1弾として、農場系ソーシャルアプリ「農場パラダイス+」を提供している。

 aimaは、ACCESSPORTら10社が設立したアプリケーション開発企業向けのアプリケーションプラットフォーム。現時点で26社27メディアがaimaに参加しており、各メディアのユーザーはOpenIDを使って、ほかのメディアのユーザーと同一アプリ内で交流できる。

  • Woopie(画像上)やゲーマーズワン(画像下)など15メディアのユーザーが同一アプリ内で交流できる

 農場パラダイス+では今回、14社15メディアが連携している。対応サイトは、ACCESSPORTの「Woopie」、NECビッグローブの「ゲーマーズワン」、ちょびリッチの「ちょびリッチ」、ジー・プランの「Gポイント」、チャンスイットの「チャンスイット」と「GetMoney!」、ランシステムの「自遊空間」、オープンスマイルの「Warau.J」、リアルワールドの「リアルワールド」、ユニットコムの「UNITCOM Search」、アクロスの「コミックバスター」、テイツーの「アイ・カフェ」、メディアクリエイトの「ゆう遊空間」、フリークスコアの「フリークス」、サイバックの「サイバック」。

 9月末からは、「おいしい牧場」「ハッピーキャリア」「ビジネスライフ」「街をつくって♪キュービッツ」などのアプリを順次追加する予定で、10月末までに20タイトル前後のアプリを用意するとしている。

-PR-企画特集