logo

Twitterがウェブサイトを刷新--2ペインでツイートの詳細を閲覧可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間9月14日、Twitter.comの刷新を発表した。同社は、より簡単で、より早く、さらにリッチなユーザー経験を提供するという。

 デザインが一新されて画面が2ペインになったほか、写真やビデオなどの外部コンテンツをTwitter上で埋め込み可能になりメディア機能が強化されている。また、関連コンテンツやミニプロフィールの表示方法も新しくなっている。

 同社は、これらの変更をプレビューとして数週間にわたり対象ユーザー範囲を拡大しながら公開するとしている。対象ユーザーは、プレビュー期間中において新旧の両バージョンのTwitterを利用することができると説明している。

  • 新しくなったTwitter.com

    提供:Daniel Terdiman/CNET

 新しいデザインでは、左側にタイムラインが表示され、@関連、リツイート、検索、リストなども展開することが可能になっている、右側では最近フォローしたユーザー、最近フォローされたユーザー、お気に入り、トレンドなどが表示される。

 同社はまた、フォト蔵、DailyBooth、DeviantART、Etsy、Flickr、Justin.TV、Kickstarter、Kiva、Plixi、Twitgoo、TwitPic、TwitVid、USTREAM、Vimeo、yfrog、YouTubeなどと連携し、これらサービスの写真とビデオをTwitter上に埋め込み可能にしている。

 ユーザーがツイートをクリックすると、右側の詳細ペインに発言者やそのツイートの追加情報が表示される。ツイートの内容によっては、@返信やその発言者の他のツイートそのツイートが送信された場所の地図などが表示される場合がある。

 ミニプロフィールは、ページ遷移せずにそのユーザーの紹介や最近のツイートなどのアカウント情報を表示することができる。ユーザーは、タイムラインに表示されるツイートの@ユーザー名をクリックするだけでそのユーザーのミニプロフィールを確認できる。

-PR-企画特集