logo

アップル、Mac OS XとWindows向けの「FaceTime」を開発中か--海外報道

文:Joe Aimonetti(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月13日 17時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランスのウェブサイトMac4Everに掲載された短い記事によると、Appleは現在、「iChat」のアップデートと思われる「Mac OS X」向けソフトウェアを開発しており、それによってデスクトップユーザーとノートブックユーザーが「FaceTime」経由で互換性のある「iOS」搭載デバイスと通信できるようになるという。

 この情報は裏付けが取れているわけではないが、Mac4Everはある程度正確な予測を行ってきたことで知られている(2009年にリリースされた「iMac」へのSDカードスロット搭載を見事に予測したが、「iLife '11」が2010年8月にリリースされるという予測は誤っていた)。「Google Translate」で翻訳してみたところ、Mac4Everが報じた内容は次のようになっている。「AppleはMac向けとPC向けのFaceTimeの準備を進めており、Mac版はiChatソフトウェアに組み込まれるとうわさされている」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集