logo

「iOS」向けアプリの開発規制の緩和--開発ツール提供各社の反応は

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月10日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間9月9日、開発者からのフィードバックを重く受け止め、作成されたアプリケーションがいかなるコードもダウンロードしないことが条件で、「iOS」向けアプリの制作に使用する開発ツールの制限を緩和すると声明で述べた。

 今回の変更で影響を受ける主要企業の1つであるAdobe Systemsは、この変更を注意深く歓迎し、声明で「われわれは、Appleがライセンス条項の制限を解除し、Apple製機器のためにアプリケーションを開発する開発者に対して使用するツールを選ぶ自由を与えたことに、勇気づけられた」と述べている。同社は、Appleが4月にiOS向けソフトウェア開発キットのライセンスを変更し、他社製開発ツールでアプリを制作することを禁止したことを受けて、「iPhone」向けアプリをFlashで制作できるようにするプロジェクトを中止していた。

 また、クロスプラットフォーム対応の開発ツールを提供しているUnity TechnologiesやAppceleratorもこの変更を好意的に受け止めている。Appceleratorは、Appleの変更が、イノベーションの促進、長期的な観点からのiOSの強みの強化、ひいては「App Store」のアプリの品質を判断する消費者へのメリットにつながると発言している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集