logo

「情報セキュリティには“航空管制”システムが必要」:米RSA - (page 2)

田中好伸(編集部)2010年09月09日 20時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このために法律や規制、業界で必要とされるガイドラインへの順守などの負担が企業に大きくのしかかっているという。こうした状況のため、IT部門の勤務時間のうち、コンプライアンスにかかる時間は20%とCoviello氏は説明、IT部門の生産性を落とす一因になっているとしている。

 このようにCoviello氏は現在の情報セキュリティを取り巻く状況がいかに複雑であるかを説明している。冒頭に主張した航空管制システムのようにするためには、情報セキュリティを“システム”として機能させることが必要と主張する。

 その回答のひとつとして、Coviello氏はセキュリティ製品の管理機能を相互運用することを挙げるとともに、もっと包括的で、かつシステマチックな方法で情報セキュリティを一元管理する方法を、RSAでは現在提唱していると説明する。Coviello氏は、このコンセプトを具現化する製品を、同じくEMC傘下のVMwareと共同で開発中であることも明らかにしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]