ドコモショップ内のバックアップ機器を用いたアドレス変更メールで誤課金

松田真理(マイカ)2010年09月10日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月9日、全国のドコモショップなどに設置しているバックアップ用機器「DOCOPY(ドコピー)」を用いたアドレス変更通知メールについて、一部のメール受信者に誤って課金していたことを発表した。2007年5月25日からこの事象は発生しており、2010年7月13日午後11時39分に解消した。同社では「システム設定の誤り」が原因としている。

 同一ファミリー割引、または同一オフィス割引グループ内の回線側で、DOCOPYを利用したメールアドレスの変更通知メールを受信した場合に、一部の顧客に誤って課金していた。本来パケット通信料は発生しない。

 同社が想定する対象者数は406名で、想定返還金額は総額2526円。該当する顧客に対しては、メール受信にかかるパケット通信料を返還するとしている。

 問い合わせ先はドコモ インフォメーションセンター。電話番号は、同社携帯電話から局番なしの151、一般電話から0120-800-000。午前9時から午後8時まで受け付ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加