logo

エプソン販売とNEC、RFIDと携帯電話を活用した営業支援システムの共同実験

富永恭子(ロビンソン)2010年09月07日 18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソン販売とNECは共同で、RFID(無線ICタグ)と携帯電話を活用した営業支援システムの実証実験を行うと発表した。同実験は、NECのクラウドRFIDサービス構築基盤である「BitGate」のモバイル版を活用して実施するもので、9月中旬まで行われる。

 エプソン販売ではこれまで、展示機の状態の情報収集の効率化・迅速化が課題となっていた。今回の実験では、量販店10〜15店舗に設置したプリンタなどのエプソン展示機にRFIDを装着。あらかじめ各RFIDに紐付いた詳細情報(製品型番、量販店情報、担当者名など)をエプソン販売のサーバに登録しておき、エプソン販売の営業担当者が、小型のRFIDリーダ・ライタをかざして読み取った情報を携帯電話からサーバに送信し、情報を一元管理および分析活用するという。

 営業担当者は簡単なオペレーションで、必要な情報の収集、管理を迅速に行える。そのため、営業担当者の展示機管理業務の負荷を軽減しながら、情報収集の大幅なスピードアップ、情報量の拡大と正確性の向上、マーケティング戦略への情報活用といった効果が期待されているという。

 BitGateは、多彩なRFIDシステムの構築に共通で必要となる機能をNECのデータセンタに集約し、OMCS(オープンミッションクリティカルシステム)技術に基づく高信頼なプラットフォームとして提供されるPaaS(Platform as a Service)。集約される機能は、ID登録管理機能、リアルタイム処理機能、セキュリティ機能、ゲートウェイ機能などとなっている。これらとRFIDに紐付いた情報を一元的に管理し、誰もが扱える共通フォーマットに変換して、様々な既存アプリケーションサーバと容易に連携することができるという。エプソン販売は、BitGateの利用により、今回の営業業務革新施策を短期かつ低コストで施行できるようになるとしている。

-PR-企画特集