logo

中高年齢層向けSNS、趣味人倶楽部の利用動向に注目

山田嶺(ネットレイティングス アナリスト)2010年09月06日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人と人のつながりを促進するコミュニティサイトを提供するインターネットサービス、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。有名なところでいえば、mixi、GREE、モバゲーなどがあり、最近ではテレビCMなどでも目にする機会が増えているため、使ったことはなくても、名前だけは聞いたことがあるという人も多いであろう。最近では女性限定SNSや、イラストの投稿・閲覧に特化したSNSなど、ターゲットを絞ったものも数多くあり、各々賑わいを見せているようだ。

 今回ご紹介する中高年齢層向けSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)もその一つで、趣味を通して人々の交流を促進する、対象年齢層がやや高いコミュニケーションサイトである。(※入会は20歳以上であれば誰でも可能)インターネット視聴率から利用状況を確認すると、中高年齢層向けのSNSとしては、非常に活発なアクセスが見られた。

中高年齢層向けSNSの利用者数と一人当たりの指標
サイト利用者数一人当たりの訪問回数一人当たりの利用時間
趣味人倶楽部87万人6.4回1時間50分52秒
スローネット21万人1.3回2分10秒
シニアコム15万人1.6回3分36秒
Source:Nielsen Online NetView 2010年7月 家庭のPCからのアクセス

 趣味人倶楽部は他の中高年齢層向けSNSと比べて、利用者数もさることながら一人当たりの訪問回数、利用時間が多く、何度もサイトへ訪れ、サイト内のコンテンツをじっくりと利用していることがうかがえる。

 趣味人倶楽部は中高年層の会員が多いといわれる旅行会社のクラブツーリズムと、モバゲーで有名なディー・エヌ・エーが共同で運営しているSNSである。サイト内のコミュニティを活性化する役割はクラブツーリズムが担っており、コンテンツにはクラブツーリズムのツアー旅行情報を紹介し、コミュニティ参加者同士でツアーに申し込むことができたり、旅行後も写真や日記などを通じて交流ができる機能が充実している。

趣味人倶楽部 主要コンテンツの利用者数と一人当たりの指標
ページ利用者数一人当たりの訪問回数一人当たりの利用時間
みんなの旅の思い出アルバム19万人1.8回1分16秒
マイページTOP16万人29.4回1時間29分20秒
プレゼントキャンペーン15万人1.1回22秒
プロフィールをみる15万人16.0回1時間24分14秒
あしあと13万人12.5回16分41秒
日記の投稿・閲覧10万人21.2回2時間2分43秒
Source:Nielsen Online NetView 2010年7月 家庭のPCからのアクセス

 7月、最も利用者が多かったコンテンツは、「みんなの旅の思い出アルバム」であった。旅の思い出を綴った写真を投稿・閲覧でき、閲覧者は拍手やコメントをすることができる。実際にコメントを見ると写真に対する賞賛や、自分も行ってみたいと旅行意欲をかきたてられている人が目に付いた。

 また、一人当たりの訪問回数、利用時間が多いコンテンツをみると、「マイページTOP」「プロフィールを見る」「日記の投稿・閲覧」となっている。これらのコンテンツは大抵のSNSに備わっている基本的な機能ではあるが、その訪問回数と利用時間により、趣味人倶楽部において活発なコミュニケーションが行われていることがうかがえる。

 中高年齢層は、若年層に比べ、インターネット上でのコミュニケーションサービスを使用しないと思われるかもしれないが、共通の趣味を通して、インターネット上でも活発なコミュニケーションが行われている。先日弊社から刊行されたホワイトペーパーで紹介しているが60歳以上のシニア層のインターネット利用者は毎年順調に拡大しており、今後ますますこのような中高年齢層向けインターネットサービスが注目を浴びていくことだろう。

 ホワイトペーパーはネットレイティングスのサイトから無料でダウンロードできます。

(ネットレイティングス アナリスト 山田 嶺)

-PR-企画特集