logo

NVIDIA、ノートPC用GPU「GeForce 400M」シリーズをリリース

文:Scott Stein(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月03日 19時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲームグラフィックス性能に優れたノートPCを探しているが、まだ購入には至っていないという人は、今まで待って正解だったと言えるだろう。NVIDIAは次代のノートPC用GPUを発表した。同社のミドルエンドおよびハイエンド製品における全面的なアップグレードとなっている。

 「GeForce 400M」シリーズGPUはDirectX 11に対応の「Fermi」アーキテクチャで設計された初のノートPC用プロセッサだ。同シリーズのGPUはすべてグラフィックス自動切り替え機能「NVIDIA Optimus」に対応している。これにより、Optimusグラフィックス自動切り替え機能を目にすることが増え、高速なノートPCでバッテリ節約性能がさらに向上するだろう。

 新しいプロセッサ群は、パフォーマンスカテゴリの「GeForce GT 445M」「GeForce GT 435M」「GeForce GT 425M」「GeForce GT 420M」「GeForce GT 415M」と、マニア向けのカテゴリ「GeForce GTX 460M」「GeForce GTX 470M」「GeForce GTX 480M」で構成される。プロセッサコア数はGeForce GT 415Mの48個から、GeForce GTX 470Mの288個までさまざまだ。これらのGPUの多くは「3D Vision」に対応している。また、GPUの処理能力をアプリケーションで使えるようにする「CUDA」は、これらすべてでサポートされている。

 注意事項が1つある。安定したローエンドGPUの「GeForce 305M」と「GeForce 310M」に変更はないので、これらのGPUを搭載したノートPCを求めている人にとっては現状に変化はない。

 今回紹介したGPUは米国時間9月2日より、Hewlett-Packard(HP)を除くすべての主要ノートPCメーカーの製品に搭載される。われわれは、そうした新ノートPCをいくつかテストすることを楽しみにしている。

picture 提供:NVIDIA

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集