新潮社、国際情報誌「フォーサイト」をウェブ版として新たに提供

新澤公介(編集部)2010年09月01日 15時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新潮社は9月1日、会員制国際情報サイト「Foresight」を開設した。有料版のほか無料版のコンテンツも用意している。

 Foresightは、1990年3月に創刊し、2010年3月に休刊した国際情報誌「フォーサイト」のウェブ版。世界のニュースや国内の政治・経済情報を平日に毎日更新するという。

 会員向けには、各分野の専門家がニュースを分析したブログ「専門家の部屋」や、論題に沿って会員同士が意見や情報を交換できる「集合知の場『フォーサイト・フォーラム』」などを用意。Foresightを「新たな『集合知』の場」と同社は位置付けている。

 また会員は、フォーサイトに掲載された2005年以降の記事3000本以上を閲覧できる。年内には2000年1月号以降の記事も公開する予定としている。

 利用料金は月額800円。決済方法はクレジットカードのみに対応し、1カ月自動更新となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加