logo

ソニー、「BRAVIA」の録画テレビを拡充--HDD&BDモデルへ

加納恵(編集部)2010年08月26日 18時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月26日、液晶テレビ「BRAVIA」シリーズに500GバイトのHDDと「BDXL」対応のBlu-ray Discレコーダーを内蔵した録画テレビ「HX80R」と「EX30R」の2シリーズを発表した。いずれも地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載。地上アナログチューナは搭載していない。

  • 「KDL-40HX80R」

 HX80Rシリーズは、別売の3Dシンクロトランスミッタと3D専用メガネを買い足すことで、3D映像が視聴できる3D対応テレビだ。バックライトには部分駆動するエッジ型のLEDを採用し、3D、録画のオールインワンモデルと位置づける。

 画面サイズは40型、46型、55型。Blu-ray Discはブルーレイ3Dの再生に対応する。録画機能は自動録画の「x-おまかせ・まる録」をはじめ、録画した番組を転送して持ち出せる「おでかけ転送」など、Blu-rayレコーダー同等の機能を備えた。発売は12月5日。ボディカラーはブラックのみになる。

  • 「KDL-26EX30R」

 EX30Rシリーズは、26型と32型の2機種を用意する。発売は11月30日。ボディカラーはブラックのみになる。

  • KDL-55HX80R(55型、店頭想定価格:44万円前後)
  • KDL-46HX80R(46型、店頭想定価格:36万円前後)
  • KDL-40HX80R(40型、店頭想定価格:30万円前後)
  • KDL-32EX30R(32型、店頭想定価格:15万円前後)
  • KDL-26EX30R(26型、店頭想定価格:14万5000円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集