日立マクセル、iVDR-EXカートリッジへ直接録画するビデオキャプチャレコーダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルとマクセル商事は8月24日、カメラに接続し、撮影と同時にHDDであるiVDR-EXカートリッジに映像データをファイル形式で録画できるビデオキャプチャレコーダー「VC102」を発表した。9月1日に発売する。

 撮影後、編集機器で映像ファイルの編集作業に取りかかることができるほか、テープからのデータキャプチャリング作業が不要になる。

 リムーバブルのiVDR-EXカートリッジに記録するため、iVDR-EXカートリッジを取り外して入れ替えるだけで、新たな撮影が可能だ。録画したiVDR-EXカートリッジは、そのまま編集素材保管用ライブラリとしても利用できる。

 なおVC102の発売にあわせて、500Gバイトの業務用iVDR-EX「IVDRX500G」と、シングルスロット・アダプタユニット「IVDRX-1X5HADP.N」、4ベイアダプタユニット「IVDRX-4X5HADP」、5型ベイiVDRスロットアダプタ「IVDRX-5HADP」などのアダプタ製品も9月1日に発売する。

VC102 ビデオキャプチャレコーダー「VC102」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加