logo

シャープ、HDD&BD、USB HDDなど録画対応のAQUOSを拡充

加納恵(編集部)2010年08月24日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月24日、液晶テレビ「AQUOS」シリーズに、HDDとBlu-ray Discレコーダーを内蔵した「DR」シリーズと、USB HDD接続を可能にした「DZ」シリーズを追加した。9月20日から順次発売する。価格はオープン。

 今回の発売によりシャープでは、Blu-ray Discレコーダーを内蔵した「DX」シリーズとあわせ、3タイプの録画テレビをそろえる。

 500GバイトHDDとBlu-ray Discレコーダーを内蔵したDRシリーズは、40型の「LC-40DR3」と、32型の「LC-32DR3」の2機種を用意。HDD、Blu-ray Discのそれぞれに直接録画ができる「どっちも直録り」に対応したほか、HDDに録画した番組をBlu-ray Discにダビングしたり、HDD録画中にBlu-ray Discを再生したり、といった操作も可能だ。ただし、Blu-ray Discの新規格「BDXL」には対応していない。

 内蔵の500GバイトHDDには、MPEG-4 AVC/H.264のトランスコード機能により、最長で約380時間の録画ができる。

  • LC-40DR3(40型、店頭想定価格:25万円前後)
  • LC-32DR3(32型、店頭想定価格:18万円前後)
  • 「LC-40DR3」

  • DRシリーズのBlu-ray Discレコーダー部。スロットイン方式を採用

  • DRシリーズのリモコン

 USB HDD接続による番組録画ができるDZシリーズは、20型、26型、32型、40型、46型、52型の6サイズをそろえる。20型と26型はボディカラーにレッドとシルバーの2色を用意した。そのほかのモデルはシルバーカラーのみとなる。

 USB HDDの接続はUSBハブを利用して最大4台まで。よく見る番組や番組ジャンルをテレビが学習し、自動的に録画する「常連番組」機能も備える。画面下部には「ムーブセンサー」を装備し、人の動きを感知し自動的に節電モードに切り替わるエコ仕様。このセンサーを利用し、人を感知するとテレビが自動で電源オンになる「オートクイック起動」も実現した。

  • LC-52DZ3(52型、店頭想定価格:35万円前後)
  • LC-46DZ3(46型、店頭想定価格:27万円前後)
  • LC-40DZ3(40型、店頭想定価格:18万円前後)
  • LC-32DZ3(32型、店頭想定価格:15万円前後)
  • LC-26DZ3(26型、店頭想定価格:11万円前後)
  • LC-20DZ3(20型、店頭想定価格:9万円前後)
  • 「LC-46DZ3」

  • USB HDDを接続して録画ができる

  • DZシリーズのリモコン

 全機種、200万対1のテレビコントラストを実現したUV2Aパネルを搭載。バックライトはLEDを採用している。搭載されたUSB端子は、市販のUSB無線LANアダプタに対応しており、インターネットやホームネットーワークがワイヤレスで利用できるとしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集