logo

リコー、光学10.7倍ズーム搭載コンデジ「CX4」--被写体を自動追尾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは8月19日、光学10.7倍(28〜300mm)の広角・高倍率ズームを搭載したデジタルカメラ「CX4」を発表した。9月3日より販売を開始する。価格はオープンで、店頭想定価格は4万5000円前後。

 CX4は、「イメージセンサーシフト方式ブレ補正」機能により、シャッタースピード換算で平均約3.7段分の補正効果が得られる。さらに室内や暗いシーン、望遠での撮影性能が向上したという。

 また、新たに「被写体追尾AF」として、カメラが被写体を追尾してピントをあわせ、撮りたい瞬間にシャッターを押すと、最適なピントと明るさで撮影ができる機能を搭載。動きのある被写体の撮影や、接写時に効果を発揮するという。

 連続撮影した4枚の静止画を重ねあわせて、ノイズの少ない1枚の画像を記録する「夜景マルチショットモード」や、ソフトフォーカス、クロスプロセス、トイカメラなど、多彩な撮影表現を実現する「クリエイティブ撮影モード」を搭載した。

 「毎日使いたくなる道具」をデザインコンセプトとし、本体ボディは曲面造形の新デザインを採用。ポケットなどへの収納性や携帯性を向上させたとのことだ。

CX4 デジタルカメラ「CX4」

-PR-企画特集