logo

オリンパス、7倍光学ズーム、HD動画対応のデジカメ「μ」など3モデル発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オリンパスイメージングは8月18日、コンパクトデジタルカメラ「FE(ファッショナブル&エレガント)シリーズ」として、4倍ズームレンズを搭載した「FE-4050」と5倍ズームレンズを搭載した「FE-5050」を発表した。また「μシリーズ」でも、ハイビジョン動画撮影対応の光学7倍ワイドズームを搭載した「μ-7050」を発表。3モデルともに8月下旬より販売を開始する。価格はオープン。

 3モデルの共通機能として、ナチュラルな色再現と豊かな階調表現を特長とする、デジタル一眼用の画像処理エンジンTruePiIIIを搭載。また、写真を楽しくする「マジックフィルター」は、従来の「ポップ」「ピンホール」「フィッシュアイ」「スケッチ」の4種類に新たに「ウェディング」と「ロック」の2種類を追加し、計6種類をそろえた。

 FEシリーズは、薄型のボディにシーンにあわせて自動的に最適な設定で撮影できる「おまかせ♪iAUTO」などの最新機能を搭載する。

 FE-4050は、高画質1200万画素CCDに広角27mmからの光学4倍ズームを搭載。本体カラーはシルバーとレッド、ブラック、ホワイトの4色展開だ。市場想定価格は1万5000円前後。FE-5050は、高画質1400万画素CCDに広角26mmからの光学5倍ズームを搭載。本体カラーはシルバーとゴールド、ピンク、ブルー、ブラックの5色がラインアップされている。市場想定価格は2万円前後。

 μ-7050は、高画質1400万画素CCDに広角28mmからの光学7倍ズームを搭載し、1280×720ピクセルのハイビジョンサイズと動画圧縮方式「MPEG-4 AVC/H.264」による長時間記録ができる。動画は、ムービー撮影専用ボタンにより、ワンタッチで撮影をスタート/ストップできる。HDMIコントロールにも対応した。

 また、2Gバイトメモリを内蔵し、PCからカメラ内に書き戻したお気に入り写真を「日付」「シーンモード」などの撮影情報で検索可能なフォトサーフィン機能を搭載。本体カラーはシルバーとピンク、ブラックの3色となる。市場想定価格は3万円前後。

  • 4色カラー展開の「FE-4050」

  • 5色カラー展開の「FE-5050」

  • 光学7倍ズームを搭載した「μ-7050」

-PR-企画特集