logo

アグレックスとKLab、個人情報保護対策ソリューションで協業

ZDNet Japan Staff2010年08月18日 15時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ITホールディングスグループのアグレックスとKLabは、8月より個人情報保護対策ソリューションで協業を開始したと発表した。

 アグレックスは自社製品である「個人情報秘匿システム」を核に、個人情報保護製品やシステム構築を提供しているが、KLabの個人情報検出ツールである「P-Pointer」導入に関する問い合わせが多くあったという。今回の提携により、アグレックスはP-Pointerのソリューションパートナーとして契約するとともに、P-Pointerをアグレックスの取り扱い商品として正式にラインアップに加える。

 アグレックスの個人情報秘匿システムは、システム構築時の各種テストの際に必要となるテスト用の個人データを、架空のデータに変換するシステム。住所や姓名といった属性は維持したまま一定のルールに沿って変換することにより、名寄せテストなども含めた本番さながらのシステムテストを可能にするという。

 KLabのP-Pointerは、PCやサーバのハードディスク内の「どこに」「どのような」個人情報が「いくつ」あるのかの洗い出しを可能にする個人情報検出ツール。定期的に従業員自身によるファイル整理を義務付けることで個人情報管理の運用サイクルを確立し、従業員のセキュリティ意識向上を促すという。

 アグレックスは、個人情報秘匿システムの構築ノウハウをベースとした個人情報保護対策ソリューションにP-Pointerを加えることで、さらに精度が高く、効果的な個人情報保護対策ソリューションを提供していくとする。具体的には、P-Pointerの検出結果をより効果的に利用できるよう、ユーザーのニーズに合わせたレポートやウェブ画面などの構築を行うほか、インテックのログ管理ツール「快速サーチャーLogRevi」にP-Pointerの検出結果データを取り込んで個人情報の違法操作などの追跡調査が可能になるソリューションの提供、P-Pointerをより効率よく利用するための導入支援、運用コンサルティング、システムサポートなどの提供を行っていくという。

 P-Pointerの参考税別価格は、100ライセンス年間65万円より。両社では、2012年3月までに新規1万ライセンスの売上を目指す。

-PR-企画特集