「Wyse ThinOS」のLPDサービスにバッファオーバーフローの脆弱性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)とJPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月17日、Wyse Technologyが開発したシンクライアント専用OS「Wyse ThinOS」のLPDサービスにバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

 Wyse ThinOS 6.5より前のバージョンのLPDサービス(515/tcp)に、バッファオーバーフローの脆弱性が存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にサービス拒否(DoS)攻撃を受けたり任意のコードを実行されたりする可能性がある。

 Wyse TechnologyではWyse ThinOS 6.5以降のバージョンでは今回の脆弱性の影響を受けないとしており、該当ユーザーはアップデートするよう呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加