logo

マスターカードかたる英文フィッシングメール--対策協議会が注意呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィッシング対策協議会は8月11日、MasterCardをかたるフィッシングメールを確認したとして、注意喚起を発表した。このメールは、「MasterCard Account Holder」「Regarding Your MasterCard」「MasterCard Alert」など英語の件名で偽サイトに誘導しようとする。

 メールは本文も英語となっており、システムのアップデートに伴い新しいセキュリティ認証を導入したとして、メールに記載されているURLアドレスでユーザーアカウント情報をアップデートするよう呼びかけている。

 メールに記載されるリンク先は複数確認されており、これらのサイトは8月11日15時現在も稼働中という。フィッシング対策協議会は、JPCERT コーディネーションセンターにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。

 今回の件についてフィッシング対策協議会に8件の報告があったという。MasterCardでは、カードやカード会社、金融機関から口座や個人情報をたずねるメールを送ることは一切ないとしている。

-PR-企画特集