富士通、最新規格「LTO Ultrium 5」対応のテープライブラリを発売

ZDNet Japan Staff2010年08月10日 18時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は8月10日、テープライブラリ製品「ETERNUS LT20」(LT20)、「ETERNUS LT40」(LT40)および「ETERNUS LT60」(LT60)に次世代LTOテープドライブ「LTO Ultrium 5」を搭載したモデルを発売した。LTO Ultrium 5は、カートリッジテープ1巻あたり3テラバイトのデータを格納でき、毎秒280Mバイトの高速転送が可能なテープドライブの最新規格だ。

 エントリーモデルのLT20は、1Uのスペースに8巻のカートリッジテープを搭載でき、最大24テラバイトのデータを格納可能。ミッドレンジモデルのLT40、LT60は、テープドライブを最大2台、カートリッジテープをそれぞれ24巻、48巻まで搭載でき、それぞれ72テラバイト、144テラバイトのデータを格納できる。また、1時間あたり2テラバイトのデータバックアップが可能という。

 サーバインターフェースはユーザーのシステムに合わせて、最大転送速度が毎秒6GビットのSAS、もしくは毎秒8Gビットのファイバチャネルから選択できる。非稼働時は、自動的にスリープモードに切り替えることができ、稼働時に比べ約45%の消費電力を削減できるという。そのほか、一度書き込まれたデータを変更しないWORM(Write Once Read Many)機能や、256ビットAESに対応した暗号化機能などにより、データセキュリティを確保できる。

 税別の販売価格は、LT20が105万2000円より、LT40が215万8000円より、LT60が301万6000円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加