logo

Zyngaがウノウ買収を正式発表--ジンガジャパンのゲーム開発体制を強化

藤井涼(編集部)2010年08月06日 16時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Zynga Game Networkは8月6日、日本国内向けにソーシャルゲームを提供するウノウを買収したことを正式に発表した。8月4日付で、ウノウの発行済全株式を取得した。Zyngaとソフトバンクの合弁会社ジンガジャパンの日本参入において、ウノウはモバイルを中心としたゲーム開発や事業展開の基盤となる。

 ジンガジャパンでは、ウノウが国内のソーシャルネットワーキングサービスに提供している「まちつく!」や「バンドやろうよ!」などのソーシャルゲームを引き続き提供するとともに、Zyngaのゲームのローカライズや日本市場向けのゲームの開発を行なうとしている。

 今回の買収について、ZyngaのCEOであるMark Pincus氏は、「ウノウがZyngaファミリーに加わることを大変嬉しく思う。ウノウにはすでに実績があり、日本で集めているトップレベルのチームを補完するのに完璧な存在だ」とコメントしている。

 また、ウノウの創業者 兼 代表取締役社長の山田進太郎氏は「Zyngaとともに、Zyngaのゲームを日本のユーザーに普及させていくことを楽しみにしている。日本の先進的なモバイルおよびウェブ環境に、最高のソーシャルゲームを提供していくサポートができることを非常に嬉しく思っている」とコメントしている。

-PR-企画特集