logo

ソニー、レンズ交換式ビデオカメラを発表--AVCHDによるフルHD撮影対応の「NEX-VG10」

加納恵(編集部)2010年08月05日 16時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、ビデオカメラ「HANDYCAM」シリーズにおいて、レンズ交換式の「NEX-VG10」(VG10)を発表した。AVCHD方式によるフルハイビジョン動画撮影に対応する。発売は9月10日。店頭想定価格は20万円前後になる。

  • 「NEX-VG10」

 CMOSには、レンズ交換式デジタルカメラとして発売している「α NEX-5/3」と同様のExmor APS HD CMOSセンサを採用。23.4mm×15.6mmのAPS-Cサイズを採用することで、ISO感度が高く、一眼レフカメラのようなボケ感のある撮影ができるとしている。

 VG10には、光学11倍のズームレンズ「E18-200mm F3.5-6.3 OSS」を同梱。このほかNEXシリーズで使用されているEマウントレンズを使用できる。また別売のマウントアダプタ「LA-EA1」により、Aマウントレンズの装着も可能だ。ただしAマウントレンズ装着時はオートフォーカスでの撮影が非対応になる。

 同梱のレンズには光学式の手振れ補正を搭載。アクティブモードに対応しているため、補正効果を大幅に向上し、歩きながらの撮影でもブレを抑えられるとしている。オートフォーカスでの撮影に対応するほか、静音設計のモータにより、フォーカス時の音を抑えての撮影が可能だ。

 記録メディアには、メモリースティックPROデュオ/PRO-HGデュオ、SD/SDHC/SDXCカードを採用。32Gバイトのメモリカードに24MbpsのFXモードで約3時間の記録ができる。

 本体には、「TruBlackディスプレイ」を採用した3.0型のワイド液晶と、可動式の電子ビューファインダを備える。サイズは高さ132mm×幅97mm×奥行き294mmで、重量1.3kg(同梱レンズ、フード、バッテリ含む)。

 購入者には、ソニークリエイティブソフトウェア製の映像編集ソフト「Vegas Movie Studio HD Platinum 10(日本版)」を、無料ダウンロードにて提供。DVD、Blu-ray Discへのディスク作成、iPodなどへの出力にも対応するとしている。

  • 電源オン、オフと録画スタート、ストップなどのメイン操作部

  • メニューボタンなどの操作部は液晶モニタの内側に配置

  • 3.0型の液晶モニタ

  • HDMIとUSB端子を装備

  • カードスロットは本体下部に搭載

  • 本体マイク部

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集